あなたが留学生として、日本に来る前に描いていた夢はどんなこと? この地を踏みしめて生活して、どんなことを学びつかみましたか? あなたの夢が叶うよう家族として支えたいから、何でも話してね。                我が家は、あなたのくつろぎの場です。                        日本のお母さんよりわーい(嬉しい顔)黒ハート



2014年05月18日

母の日

5月の第二日曜日は母の日でしたね。日頃の感謝をこめてプレゼントや定番のカーネーションをあげた方も多いのではないでしょうか。

私も、息子夫婦から母の日にカーネーション届き、次々に咲いていい香りに包まれています。

カーネーションを贈る以外に、タイではジャスミンの花、ネパールでは、母親に甘いお菓子、タマゴ、果物などのプレゼントを贈り感謝の気持ちを伝えるのだそう。
また、ポーランドでは母の日は少し遅めの5月26日と決まっています。
「母の日」といっても、世界中の風習は異なるものなんですね。

一方で、ほとんどの国に「母の日」があることは、どの国でも「母の偉大さ」があるからなのでしょう。
言葉が違っても人に感謝し、やさしさをもって接するというのは世界共通なんですね。

ka-ne-syonn.jpg  hahanohi.jpg

長男が高校生の頃、一日遅れのメールが届いた時、嬉しかったのを思い出しました。
成人して結婚したら、こんなプレゼントを贈ってくれるなんて、夢のよう
心遣いのできるお嫁さんといっしょに選んでくれたのね。

ありがとう!わーい(嬉しい顔)

娘からは、こんなカードを贈られました。
毎年、手作りの素敵な手紙をくれていて、私の宝物になっています。
カード母の日.jpg

末っ子の息子からも、兄ちゃん姉ちゃんのように物のプレゼントは出来ないけど、
いつかサプライズするから元気で長生きしてね!とメールが届きました。

なんて、嬉しいんでしょう!
お母さん、幸せです!


喫茶店 お菓子の手紙のプレゼント「クッキーメール」
posted by おきにし at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。